令和3年1月15日。2021年になって約2週間が経過しました。
半月が過ぎて長かったお正月モードも終わり、いつもの日常に戻りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

大晦日から新年を迎えるにあたって、「今年は○○になる」「△△で成功する」など、それぞれ今年の抱負や目標を掲げた人は多いかと思いますが、新年(抱負を述べた時)と比べて現在「その目標に少しでも近づけていますか?」

 

その目標に少しでも近づいたと胸を張っていえる方や、近づいたとまでは言えなくてもその目標に向かって少しでも努力しているといえる方は、とても素晴らしいのですが、この質問にドキッとした方は要注意です。せっかく設定した素敵な目標も3日坊主になってしまっては全く意味がありません。

 

当サイトは「電話占いヴェルニ」についての情報を中心に「恋愛・人間関係、夢・仕事・成功、健康」といった人生を豊かに過ごす上でのヒントをお届けしていますが、これら「恋愛・人間関係、夢・仕事・成功、健康」すべてにおいて、何らかの努力(行動)が必要です。

 

占いをして「いいこと(悪い事)をいわれた」で終わっていては、非常にもったいないのです。

 

いいことをいわれたら、さらに良くなるように、悪いことをいわれたら、そこからどうにかして良くなるように行動することが大切です。どんなことを言われたとしても、あなたが行動しなければ何も変わりません。占いをして「当たった・当たらなかった」ということも大切ですが、鑑定の結果を基に、どう行動をするのかが重要になってきます。

 

目標に関しても同じです。

 

設定した目標に対して行動を起こしてみて、迷ったりどうしたらいいのか分からなくなった時には周りの誰かに相談してみて下さい。一番良いのは、あなたの目標をすでに達成している人に相談するのが良いのですが、もし、あなたの周りにそういった人がいない場合は、占いに頼ってアドバイスや助言をもらうのも一つの手です。

 

一番大切なのは、「誰に何を言われた」ということではなく、その結果も含めて「あなたが行動を起こすこと」です。

 

もし、あなたが行動を起こさずに誰か(あるいは占い)に頼ってばかりいると、その人(あるいは占い)に依存したりジプシーになってしまう可能性もあります。相談や占いは間違った方向に行くのを防ぐためで、今必要なのは「あなたが行動を起こすこと」です。

 

重要なことなのでしつこいくらいに何度も書きましたが、「行動を起こすこと」。
これを念頭にもう一度新年にたてた抱負や目標について考え直してみて下さい。

 

行動を起こして、あなたの人生がより豊かで幸せなものになりますように。