好きな人の心理が気になるあなたへ

気になる相手を誘って、やっとの思いでこぎつけた念願の食事デート。
付き合う前の楽しいひと時ですが、ここで気になるのがずばり「相手は自分のことをどう思っているのか」ということです。

自分と同じく相手も自分に好意を持っているのか、それとも、断りきれずになんとなく誘いに乗ってしまっているのか・・・

そこで今回は、食事の際に分かる脈ありサインを見抜く3つの方法をご紹介していきます。

 

姿勢が前のめりになっている

脈ありサインを見抜く1つ目の方法は、話している時に「相手の姿勢が前のめりになっている」かどうかです。自分に置き換えてみると分かると思いますが、趣味や楽しかった旅行の話など、あなたがものすごく興味のある話題について話す時って、どうしても身体が前のめりになって話してしいますよね。

一方、退屈している時やどうでもいい話をしている時は、椅子の背もたれに寄り掛かった状態で話してしまいます。

そのため、相手もあなたと話していて楽しいという感情がある時は身を乗り出すように体が前のめりになり、反対に何も感じていなかったり、あなたの話にあまり興味がないと、身体は沿ったような引き気味の状態になります。

 

足・つま先の向き

脈ありサインを見抜く2つ目の方法は、ズバリ足の向きです。
足の向きが「あなたの方を向いている」のか「あなたとは別の方に向いているのか」で、相手があなたに興味があるのかそうでないのかが判断できます。

一般的に私たちは、それほど興味のない人や嫌いな人の話でも、場を壊さないように相手の方を向いて笑顔(愛想笑い)で対応します。
しかし、相手から見えにくい下半身は、その場から立ち去りたい心理が働いて違う方を向いてしまいがちです。そのため、「相手の足が自分の方に向いているかどうか」ということは、相手の関心が自分にあるのか無いのかを判断する簡単な指標になります。

尚、この足の向きチェックは、立っている時でも結果は一緒ですが、相手が急いでいる時などは足があなたとは違う方向に向きやすいので、ゆったりしている時や落ち着いている時の足の向きをチェックしてみて下さい。

 

コップの位置

「食事の時に分かる脈ありサインの見抜き方」最後はコップの位置です。

これは心理学でいう「グラステクニック」という方法で、相手と自分のグラスを近づけることで、相手との心理的な距離を測るというものです。

もし、相手のコップにあなたのコップを近づけてもそのままだったら、あなたとの心理的距離は近く、逆にコップを離れたところに置かれたら心理的距離も離れているということになります。

これは直接口をつけるコップに対して、人は心理的に自分自身を投影してしまうからで、「相手と自分のコップの距離=自分と相手との距離」ということになります。

簡単なのでぜひ試してみて下さい。

ただ、あからさまにコップを近づけると邪魔になると思って相手がコップを遠ざけてしまうことがあるので、コップに口をつけるたびに徐々に相手のコップに近づけていくと良いでしょう。

 

最後に

今回は食事の際に分かる、相手の脈ありサインや心の距離の測り方について紹介しましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介した観察やテクニックは、一対一の食事の際はもちろん、合コンや日常生活などでも相手にバレずに誰にでも簡単に行える方法になっていますので、気になるお相手がいる方は是非試してみて下さいね。

また、相手の心理についてもっと知りたいという方は、「好きな人の本音知りたくない?相手の心を読むのが得意な占い師3名」の記事もおすすめです。

相手が自分に対して好意があるのか、そうでないのかによって恋のアプローチ戦略も変わってきますので、まずは相手の心理や、相手が自分に対してどう思っているのかをしっかりと見極めるようにしてください。

あなたの恋愛がうまくいくよう心よりお祈りしています。