恋愛において「好きな人から好かれたい」と思うのは自然なことですが、今回は「相手からの好意を勝ち取るためのマル秘テクニック」というテーマで心理学的に裏付けのあるとあるテクニックをご紹介したいと思います。

ミラーリングとは

心理学的な裏付けのあるテクニック。
それはずばり「ミラーリング」というテクニックです。

ミラーリングとはその名の通り、鏡のように相手と同じ動作やしぐさを行うというものです。
例えば、「相手がコップの水を飲んだら、真似して自分も飲んでみたり」、「腕時計を見るようなしぐさをしたら自分も同じようなしぐさをしてみたり」といった風に、対象となる相手の動作やしぐさを真似していきます。

あなたの周りにも似たもの夫婦や仲のいいカップル、友達同士をよく観察してみるとわかりやすいかもしれませんが、長年連れ添った人同士は似たような行動をとったり、クセや反応が似ているということがよくあります。これは「人は自分と似た行動をとる人に親近感を抱き、信頼をしやすくなる」といった性質があるためで、実際に信頼関係の強いペア同士はミラーリングが観察される頻度が高いという実験結果もあるようです。

ただし、あからさまに真似をすると、相手を逆に不快にさせてしまうため、あくまでもさりげなくバレないように行いましょう。また、動作やしぐさ以外にも声のトーンや会話のテンポ、表情(相手が笑ったらこちらも一緒に笑う、相手が悲しそうな顔をしたらこちらも同調して悲しそうな顔をする)などにも効果がありますので、是非応用してみて下さい。

ミラーリングを行う上での注意点

今回は「自分を好きにさせる?㊙心理テクニック」というテーマで、心理学でいう「ミラーリング」というテクニックをご紹介しましたがいかがでしたか?

「相手の動作をまねる」という一見すると、ものすごく単純なことではありますが人は自分と似た人に対して親近感がわいてきます。(例えば、海外旅行や留学先などで地元が同じ人に出会った場合や趣味が共通しているなど、何らかの共通点があった場合などを思い浮かべていただけるとわかりやすいのではないでしょうか。)

ただ、上の文でも注意しましたが、ミラーリングが不自然な場合は相手に不快感を与えてしまいかねないので、相手にバレないように自然にミラーリングしてみてしてください。コツとしては、ただ相手を真似しようとするのではなく、相手の表情やしぐさ、クセ・動きなどをよく観察すること、そして相手のことを理解しようとする姿勢を意識してみて下さい。

ミラーリングは「一度真似をするだけで、一発で相手が自分のことを好きになる」という魔法のようなテクニックではありませんが、ミラーリングを続けることで徐々に相手からの信頼や親近感を得られるはずです。

このテクニックは恋愛においてだけではなく、友人や仕事などの全ての人間関係において有効ですので是非試してみて下さいね。あなたの恋愛・人間関係が上手くいきますようにお祈りしています。