恋する女子の一大イベントバレンタイン。
いよいよ今年も間近に迫ってきましたが、準備はできていますか?

相手の好みをしっかりリサーチして、チョコレート作り(またはプレゼント選び)の準備までバッチリという方も、まだこれから準備に取り掛かるという方も一番緊張する場面が実際に彼にチョコレートを渡す場面ですよね。

そこで今回は「本当に喜ばれるバレンタインチョコの渡し方」という片思い中の女子は必見のテーマで記事を書いていきます。

※今回の記事は、片思い中の女性が意中の男性にバレンタインチョコを渡して告白、もしくは好意を伝える上で喜ばれる渡し方について解説しています。義理チョコやカップル向けのサプライズ用の渡し方ではありません。

 

王道は手渡し

男性が喜んでくれるバレンタインチョコの渡し方は、やはり直接渡すのが王道です。

好きな男性を呼び出してチョコとともに告白をする。
片想い中の女子にとってはドキドキするシチュエーションでとても勇気がいりますが、王道がゆえに男性としても一番うれしい渡し方になります。特に手渡しは(恋愛的に)相手との距離が近かったり、お互いに意識している状態だとかなり有効です。

直接チョコレートを渡す際のポイントとしては、あなたとカレ以外は周りに誰もいないことです。
相手の友達や自分の友達が周りにいると、冷やかされたり、からかわれたりするなど相手も恥ずかしがってチョコを受け取り辛くなります。

人によっては照れ隠しのためにチョコを受け取ってくれなかったり、本音は嬉しくても迷惑そうに受け取ったりする男子も存在するので、渡すタイミングには注意が必要です。

必ず相手が一人になるタイミングを見計らってチョコレートを渡すようにしましょう。

 

チョコレートに手紙を添えて置いておく

いくら王道だからといって、「手渡しはやっぱりちょっと・・・」という方のなかには、「チョコレートを相手のロッカーや机に入れておこう」と考えている方も多いかもしれません。

しかし、チョコレートだけだとちょっと寂しいので、チョコレートと一緒に必ず一言メッセージを添えるようにしておきましょう。

メッセージの内容としては、「本当は直接渡したかったけど、恥ずかしかったので渡せませんでした。一生懸命作ったので、受け取ってもらえたら嬉しいです。」といった短くて軽い内容で十分ですが、「あなたのために頑張った」、「あなただけに作った」など「あなただけ特別」ということをほんのり、におわせることがポイントです。

また、「本当は直接渡したかったけれども恥ずかしくて・・・」という一文をメッセージに入れることで、もし最初は彼があなたの好意に気がついてなかったとしても、「もしかしてあの子俺に気があるのかな・・・」とあなたのことをだんだん意識するようになるかもしれません。

もちろん、相手の性格や相手との距離感が近い場合は、あなたの思いを綴った手紙を書いて愛の告白をするのも良いですが、まだ相手との距離が遠い場合には長々と長文で書いて愛の告白をするよりは「あの子もしかして俺のこと好きなのかな?」と思わせて意識させる程度の内容で良いでしょう。

ちなみに、メッセージは後からLINEやSNSでメッセージするよりは、手書きの方がベターです。

 

さいごに

今回は「本当に喜ばれるバレンタインチョコの渡し方」というテーマで、バレンタインで男性が女の子からチョコレートをどんな風にしてもらったらうれしいのかを解説してきましたがいかがでしたか?

もちろん、チョコレートの渡し方に決まりはないので、後悔のないようにあなた自身がやりたいように自由に渡すのがベストですが、どのようにして渡していいのか分からないという方は、今回お伝えしたテクニックも交えてチョコレートを渡してみて下さい。

ただ、いくらテクニックを使ったところで、最後にものを言うのは誠意です。
片想い中の大好きなカレのために心を込めてチョコレートを作り、しっかりと準備をして決戦の日に備えましょう。

ワクワク・ドキドキなバレンタインデーまであともう少し。
片思いの恋が実って、今年のバレンタインデーがあなたにとって素敵なものになりますように。