「振る方」であっても「振られる方」であっても、心の底から愛した恋人との別れはつらく、時にはその選択を後悔してし・・・